遠くから通うファン多し さぬきうどん 讃州

2014.09.28 | うどん・そば

遠くから通うファン多し さぬきうどん 讃州

「打ち立てのうどんを出したい!」。ご両親ともに香川出身で、小さい頃から一日一食はうどんを食べて成長してきたと店主。讃岐うどんの味を関東の方々にも知ってもらえればと、高松市の手打うどん店で修行。大磯で開業して15年。手打ちのうどんは、地元の家族連れや訪れた観光客…にも愛されて、電車で通うリピーターの方も多数。

 

讃州2

大磯駅から歩いて数分というロケーション。お昼を待てずに、のれんをくぐる来店者も。大磯小学校前ということもあり、見学や体験授業なども行われ、子どもたちにも有名なうどん店。本場・四国では、うどんには「おでん」が付くのが普通ということもあり、提灯をさげて常備。昭和初期のアンティーク照明が灯る店内は、オリジナル調度品の落ち着いた雰囲気で年配の方にも人気です。

 

讃州3

お薦めの「ぶっかけ天/温・冷(1050円、写真は冷)」のうどんに絡まる、まろやかな濃いめの出汁は、お客さんが飲み干すのも頷ける味。うどんをはじめ、定食、ご飯もの、おでんなど、メニューは、50種類以上と豊富。麺も、冷・温・釜揚げ・ぶっかけ・湯冷め(水で締め、再度お湯につける)など、食べ方で、いろいろな食感、風味が味わえます。

 

讃州4

材料は、最高級の小麦粉・塩・水にこだわり、機械を使わない手打ちの自家製麺。一食、一食、打ち立てのうどんは、モチモチ、のどごしツルリとした食感。出汁は、産地・高松よりかつお3種、昆布、煮干(伊吹島)、醤油(小豆島)など取り寄せています。「さぬき本場の味を楽しんでもらえれば」と店主の吉田さん。

住所 大磯町大磯1161-19
電話番号 0463-61-1623
営業時間 11:30~20:00(19:30ラストオーダー)
定休日 火曜の夜、水曜
駐車場 3台