recommend

初登場!大磯からの「深夜バス」

2016.05.20 | 連載コラム
初登場!大磯からの「深夜バス」

長い冬眠から、ようやく目が覚めました。
気がつけば半年以上もご無沙汰してしまい・・・すみませんでした。
久々に大磯周辺の「のりもの」で熱いネタが現れましたので、お届けしたいと思います。

先日(3/26)の鉄道各社のダイヤ改正に合わせて、神奈中バスもダイヤ改正を行いました。今回の改正では、大磯町内を通る「平塚〜国府津」線のダイヤが大幅に変わっています。ざっくり書くと、

①二宮駅と押切を境にした系統分断
②残った「平塚〜二宮」線も減便
③担当営業所(車庫)が平塚から秦野に変更

・・・という、全体的にはちょっと残念な感じの変更です。もう少し細かく書くと、

①は「平塚〜国府津」直通が平日3往復のみに大幅減便され、それ以外の全ての時間帯で乗り継ぎが必要に。実質、系統が分断されたことになります。
②は平塚から国府津行きの殆どが二宮行きへ変更になったのですが、その二宮行きも数本減便されています。
③の変更理由は分からないのですが、大磯から見て車庫が西方向になったことで、思わぬ副産物が・・・

従来より1時間も繰り下げられた最終バス

ha046_2その副産物とは、平塚駅北口23:35発→大磯駅23:50発の「二宮駅行き深夜バス」。私の知る限り、大磯駅からの深夜バスの設定は史上初。これまで、大磯駅からの最終バスは23時前(石神台方面湘南大磯住宅・西公園前行き)だったはずです。一国沿いかつ平日限定ですが、従来より1時間ほど最終バスの時間が繰り下げられました。

減便や系統分断など「守り」のダイヤ変更ですが、この点だけは「超・攻め」に出た印象。秦野の車庫へは二宮から回送するのが近いはずなので、このような深夜バスの設定が可能になったのでしょう。
これは実際に乗らねば!と思い、4月のとある日に深夜の大磯駅へ・・・

「超・攻め」の深夜バスに乗ってみた

ha046_iso
大磯駅に23:48頃、二宮駅行きの最終バスとなる「深夜バス」が到着。2分ほど停車して23:50、バスは定刻通りに発車。電車が遅れてなければ、大磯23:39着(東京22:32発)の電車でこのバスに乗ることができます。

ha046_seat大磯駅発車直後の車内。ご覧の通り、2〜3名しか乗っていません。60名ぐらいは乗れるバスなので、もっと利用されても良いと思います。

ninomiya_bus
約20分ほどで終点二宮駅に到着。最後まで乗り通したのは、さすがに私一人だけでした(笑)。到着後バスは回送表示になり、車庫へ引き上げて行きました。

気になる運賃は?

実はこの「深夜バス」、普通の路線バスと同じように走りますが運賃が倍額になります。大磯駅からの運賃は以下の通りです。

大磯小学校前・統監道・白岩大門・八坂神社・城山公園前:360円(350円)
中丸・大磯プリンスホテル入口:400円(390円)
国府新宿・槇の木・変電所前:460円(454円)
下町〜二宮駅南口:540円(536円)
※大人1名の運賃(カッコ内はICカード利用時の運賃)

参考までに、深夜のタクシー料金の概算額は以下の通りです。
大磯小学校前〜白岩大門:初乗り運賃で730円(バス:2名で720円)
八坂神社:910円(バス:2名で720円)
城山公園前:1,090円(バス:3名で1,080円)
槇の木:1,900円(バス:4名で1,840円)
※大磯駅から各バス停まで、最短経路で利用した場合(実際の金額はもう少し高いかもしれません)
※カッコ内のバス運賃は、大人かつ現金の場合

タクシーと比べた場合、1〜2名なら全区間で深夜バスの方が安いです。さらに距離が延びると、人数が増えてもバス利用の方が安くなります。城山公園前〜国府新宿間なら3名まで、槇の木から先は4名でもバスの方が安くなります。

深夜バスの時間帯で気をつけたいこと

深夜バスの一本前は、運行間隔がかなり空きます。同じバス停で待つと、場合によっては1時間程度待つことも。ここでは利用日別に、いくつか気をつけたいことを箇条書きにしてみます。

〜平日ダイヤ〜
★大磯駅から二宮駅行きの最終バスは、上記で紹介した23:50発の深夜バス(運賃は倍額)
★大磯駅から国府方向へ、一本前のバスは22:51発の湘南大磯住宅行き(国府新宿から先の二宮駅方面へは行きません)
★大磯駅からの二宮駅行きの一本前は、22:22発(1時間半ほど間隔が空きます)
★大磯駅を経由しない(さざれ石経由の)二宮駅行きは、消防署前23:02発があります
※消防署前のバス停は、大磯駅から徒歩5分

〜土曜・休日ダイヤ〜
★そもそも深夜バスがありません(要注意!)
★大磯駅から国府方向への最終バスは、22:51発の湘南大磯住宅行き(国府新宿から先の二宮駅方面へは行きません)
★大磯駅から二宮駅行きの最終バスは21:31発、これ以降の3本は全てさざれ石経由
★さざれ石経由の二宮駅行きの最終バスは、消防署前を23:23発(深夜バスではないので通常料金)

二宮駅行きの場合、平日と土曜・休日では最終バスの時間と乗り場が異なるので要注意です。
西小磯〜国府方面にお住まいの方、平日の遅い帰宅にはぜひ「深夜バス」を活用しましょう!

※バスの利用前には念のため、以下のサイトで時刻・運賃をご確認ください(外部サイト)
時刻表・運賃案内|利用者の皆さまへ|神奈川中央交通


今後の連載ですが、お伝えしたい旬なネタがある時に不定期で投稿したいと思います。おそらく、年に数回ぐらいのペースになると思いますが・・・
またお会いできる日を楽しみにしております!

【この記事について】
☆情報は2016年5月現在のものです
☆画像は全て筆者が撮影したものです
☆時刻・運賃等の情報は正確な内容に努めましたが、もし内容に誤りがあった場合はご容赦ください
☆記事内容についての問い合わせは筆者へお願いします(神奈中様への問い合わせはご遠慮ください)

くぼたひろと

大磯生まれの大磯育ち。生まれた時からずっと電車が大好きな、電車愛好家。ときに「電車くん」と呼ばれることあり。電車をテーマにした展示・イベントを、大磯周辺で随時運行しています。