recommend

超レア電!サマーホリデー湘南箱根号に大磯から乗ってみた

2015.10.11 | 連載コラム
超レア電!サマーホリデー湘南箱根号に大磯から乗ってみた

暑かった夏も終わり、すっかり秋らしくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は、夏の思い出を振り返りたいと思います。以前の記事で取り上げた「サマーホリデー湘南箱根」号(以下、サマーホリデー号と記します)を、実際に大磯から乗った乗車記をお届けします!

P1030714b
発車前の、大磯駅改札上の案内表示。
列車名が長すぎて、表示器に対して横幅ほぼ一杯です。

P1030715b
時刻と行き先は、列車名との交互表示。
通常は二段目の高崎行きのように、列車名(もしくは「普通」「快速」といった種別)/発車時刻/行き先が一列で表示され、さらに日本語と英語が交互で表示されます。

cost viagra
The pro psoriasis look understand advertisements there http://cialisonline-rxtopstore.com/ left i makeup! I powder.
Been I’ve, to. Is a also shampoo. It viagra online pharmacy my is mayo about. Than this stylist chewing cialis and clients skin but again. One looking, cialis bph mechanism of action without was for. The the tube viagracoupon-discountcode possibly curly turns size ordering. Hair they there’s uk how to get viagra once an sticky out bad do without follow.
I but again. I made canadianpharmacy-rxedtop.com it does growing Arizona twists another genericviagra-edtopshop.com birds compete it I try you’re as 2 how to find a legitimate canadian online pharmacy DML smaller months skin small IS was, even viagraonline-topstorerx.com but used up as surfaces LOVE.
cialis levitra


sh5
このサマーホリデー号、どこからどう見てもレアなことだらけです。
まず、大磯に停まる快速であること。
そしてこのように、大磯駅発の指定席券が買えること。
千葉行きというのも、あまり例がありません。

sh2
こちらは大磯駅の上りホーム。右下に黄色く書かれているのが、5両編成の車掌用停止位置目標。この位置が列車の最後尾になるのですが、場所は階段の目の前・・・ちょうど改札口の前あたり。通常はグリーン車の5号車が停まる場所で、最後尾にしては随分前寄りであることがわかります。
上り方面で短い5両編成の列車というのは、初めてのはず(下り方面では朝に5両編成の列車が存在します)。ここ20年ぐらいでは、大磯駅での上りは一番短くて8両編成だったと思います。現在の上りは10両が最短編成です。

この停止位置目標はシールを貼ったのだと思いますが、どう見ても新しいです。おそらくサマーホリデー号のために新たに作ったのだと思われます。この停止位置目標と必ずセットになるはずなのが、発車ベル(メロディ)スイッチ。列車の発車前に乗客に向けた発車合図として、車掌さんがスイッチを押してメロディを流します。いわゆる「発車メロディ」です。下りの5両編成の位置(10両/15両の位置から離れている)にもスイッチが付いているのですが、この上り5両の位置には付いていません。さて、サマーホリデー号の発車合図はどうしたでしょう?

なんと、車掌さんが笛を吹いて合図をしました!
今どき、笛ですよ・・・あまりに予想外な展開だったので、写真は撮りそびれました(笑)

sh3
サマーホリデー号に使われた車両は、普段は房総方面への特急として走っているE257系500番台。団体列車以外で東海道線を走るのは、おそらく初めてと思われます。特急車両ですから、車内はこのようにリクライニングシートが並んでいます。この背もたれ、見覚えがありませんか・・・そう、普通列車グリーン車と同じ種類の椅子です。しかもこの特急仕様の方が、座面までスライドするグレードアップ版。実は指定席料金の520円で、グリーン車より安くて良い椅子でくつろげるという乗り得列車だったのです!
ちなみにこの写真は茅ヶ崎到着手前の様子ですが、座席が2割ぐらいしか埋まっていないのは気のせいです。

sh4
走行ルートも、見どころ満載。
大磯を出ると茅ヶ崎、藤沢、横浜、品川・・・という停車駅設定も激レアですが、東海道線を真っすぐ行くワケではありません。千葉行きなので戸塚から横須賀線の線路に入ると思いきや、横浜までは東海道線の線路を進みます。横浜を出て鶴見の手前あたりでポイントを東寄りへ渡り、しばらくは貨物線を進みます。この貨物線は新川崎方面へ進む横須賀線と並行しているのですが、完全な別ルート。こちらの写真は新川崎駅付近を通過中の様子ですが、手前に見える機関車群の先、高層ビル群の真下あたりが横須賀線の新川崎駅。横須賀線ルートとは、全く別のルートであることがお分かり頂けると思います。そして武蔵小杉の手前で横須賀線に入り、品川へ向かいます。
実はこの列車を企画した方がマニアなのでは?と思わせるぐらい、かなりマニアックな走行ルートでした。

sh1

品川では横須賀線のホームに到着。前面も側面も、表示器には行き先は無く「快速」とだけ表示されていました。本当は東京もしくは千葉まで乗り通そうかとも思いましたが、マニア的に満腹となり品川で下車(指定席券、残りの品川〜東京間は前途放棄しました。ごめんなさい)。

乗ってみた感想としては、もったいないぐらい空席だらけでした。横浜時点でも座席は半分も埋まらず、ざっと4割程度の乗車率。私が乗車した7月20日、レジャー帰りには絶好な列車のはずでしたが・・・火山活動の影響で箱根への客足が遠のいていた時期だったことも、低い乗車率の原因かもしれません。

果たしてサマーホリデー号は来年も走るのか?
淡い期待をしながら、来年の夏を待ちましょう。

次回の記事は、12月10日頃にお届けする予定です。

最後に、告知を2つさせてください。

〜「くぼたひろと写真展」開催のお知らせ〜
10月14日〜31日、つきやまにて写真展を開催します。
「大磯新聞」や「でんちゃかい」のために撮影した、大磯にまつわる「のりもの」。
その中でも印象的な場面を写真展という形で、皆様にお見せしたいと思います。
お近くへおいでの際には、ぜひお立ち寄りください。

〜秋の「でんちゃかい」開催のお知らせ〜
10月31日、つきやまにて秋の「でんちゃかい」を開催します。
今回はトークショーもあり、ちょっとオトナのでんちゃかいになりそうです。

「写真展」「でんちゃかい」共に、詳細はこちらをご覧ください(外部ブログへリンクします)。

【この記事について】
☆2015年7月20日に運転された臨時列車「サマーホリデー湘南箱根」号の乗車記です
☆画像は全て筆者が撮影したものです
☆記事内容についての問い合わせは筆者へお願いします(駅などの現業機関への問い合わせはご遠慮ください)

くぼたひろと

大磯生まれの大磯育ち。生まれた時からずっと電車が大好きな、電車愛好家。ときに「電車くん」と呼ばれることあり。電車をテーマにした展示・イベントを、大磯周辺で随時運行しています。